2013年04月15日

【ドール】CROBI M-Lineボディと、POPO68cmボディパーツの比較。

CROBIドールさんのM-Lineボディと、POPOドールさんのボディパーツの色比較や、稼動比較をちらっと載せておきます。
あくまで私個人の主観ではありますが、ドールさんお迎え検討されている方へ、少しでも参考になりますと幸いですー。

一部、服を着ていない写真などございますので、お気をつけくださいまし!

そんなわけで。
早速ですが、CROBIドールさんって…ボディの足が…短めではないですか。
短めが好きよ! という方もいらっしゃれば、CROBIさんのボディ造形そのものが好きなのよ! という方も、勿論いらっしゃると思います。
しかし私は「もう少し足が長ければ…!」「もう少し稼動が良ければ…!」とぐぎぎぎしたタチでございました。
よって「足の長いモデル体型にしたい!」という思いから、キャストの色合いが似ていると噂のPOPOドールさんボディに目をつけた次第です。

ただ、POPOさんボディは、CROBIさんボディに比べ、少々猫背でございましたので…。
結果として私は、『CROBIさんボディ胴体はそのままに、肩から先&股関節から先の腕と足だけを、POPOドールさんの68cmパーツに変更する』という荒業に出たわけでございます。
(個人的に我が家のTeiくんは猫背にしたくなかったのです)

一つだけご注意いただきたいのですが、CROBIさんとPOPOさんでは、関節の形がまったく違います。
この為、腕と足だけを変更しようとするならば、POPOさん腕の肩関節と、POPOさん足の股関節を、CROBIさん胴体に合致するように全力で削らねばなりません。
POPOさんはキャストが分厚くてパーツがしっかりしていましたので、がっつり削っても何ら問題ありませんでした。
バランスを見つつ上手く削って、関節の間にシリコンチップを入れますと、自立もポージングも自在です。
しかし削るのが怖い、面倒だ、あるいは猫背大好きさ! という方は、首から下をごっそりPOPOさんに変更しても問題ないんじゃないかなと思います。

前置きが長くなりましたが、そんなCROBIさんデフォボディと、CROBI&POPOさんカスタムボディの比較画像です。



左がCROBIさんのM-Lineデフォルトボディ、右が腕と足をPOPOさんに変更したボディです。
こうして並べますと、CROBIさんのデフォ腕が背丈に対して長く感じられることが解るかと思います。
しかし肩の位置を合わせますと、実はCROBIさんM-LineとPOPOさん68cm、腕の長さは同じだったり致します。
では、何故腕が長く見えるのか…。
おみ足が! 短いからですよね!笑

ちなみに、服はどちらもDoll Heartさんの70cm用です。



正面から見ますと、その「足が短いナ…」ということも、よりハッキリ感じていただけるんじゃないかなぁと思います(笑)
ちなみに肩の稼動もがらりと変わりまして、同じポーズでも違いが出ます。
CROBIさんのデフォルト肩ですと、二の腕を胸の前にうまく持って来ることができないのです。



服を脱がすとこうなります。
気になるキャストの色差ですが…ご覧の通り、ほぼ気になりません。
写真の照明は、左右から電球色のライトを当てている感じなのですが(上部からは部屋自体の照明である昼白色も当たっております)
感じ方には個人差があれども、私は肉眼でも色差は気になりませんでした。
若干、CROBIさんデフォボディのほうがピンクがかって見えますけれど、これは製作時期の違いによるロット差かと思います(カスタムさんの胴体はそんなにピンクがかって見えませんので)
ただ、裏を返せばCROBIさんとPOPOさん、双方のロット差のタイミングが悪ければ、少々色差が強く出る場合もあるということかと思います。



横に並べて正面から撮影したものを、トリミングして肩位置を合わせてみました。
事情により(笑)下半身はカット致しましたが、ロット差はあれど、やはり色差はさほどないように見えます。

しかし二の腕の太さの違い…!笑
CROBIさん、胴体はとても細いのに、腕がとってもムキムキです。
こちらも、私はPOPOさん腕のほうが好みですので、変更して良かったと思っております…(笑)
この二の腕の太さが軽減されたことで、肩幅も少々カスタム側のほうが狭くなっております。
身長に対して、CROBIさんは肩幅もちょっとゴツかったので…カスタム側は個人的に理想体型です。



照明、電球色を使っておりますが…腕と胴体(と顔)、色差をご覧くださいまし。
やはりさほど変わりません。
ただし、昼白色の照明を使うと、場合によっては少しPOPOさんのほうが白っぽく(黄色っぽく)見える場合もあるやもしれません。

お終いに、足の稼動比較をば。



POPOさん足は、膝が二重間接です。
CROBIさんM-Line足の膝は、関節が一つです。



その結果、足を組むポーズにこれだけの差が出ます。
差といいますか…CROBIさんM-Lineの足では、ナチュラルな足組みは難しいです。
(不可能なわけではなく、自然な足組みポーズにしようとすると足がギチギチいいます。ギチギチいわさずに取れるポーズが↑になります)
公式サイトのサンプル画像には足組みポーズがございますが、よくご覧いただけば解りますように、膝の位置がすごく高いです。
あのような足組みをする人は、まぁなかなかいないかと…! 疲れます!(自分の体で試しました…笑)
同じ感じで、正座も、POPOさんは可能でしょうがCROBIさんは難しいかと思います。
膝の関節の稼動範囲を無視して思い切り曲げればいけるかとは思いますが、足組みと同じで無理させてしまうことになるかと思います…。

ちなみに、本を持っている状態にも差がありますが…
こちらは、カスタムボディのほうの手を、関節手にしてあるからです。
CROBIさんの公式サイトでも売られている関節手ですので、興味がおありの方はCROBIさんサイト、あるいは代理店のDOLKさんサイトor店舗でご確認くださいませー(箱にはDIKA DOLLと書かれておりました)

以上です!
少しでも参考になりましたら幸いです。
posted by 弓束しげる at 00:00 | ドール(CROBI)